コンパス

なにが好きで

なにが大切か

なにを守りたくて

なにを手放せるか

 

 

 

 

 

自分の心が知っている

自分だけが真実を知っている

 

 

 

 

 

時には頭を悩ませても

 

 

 

 

自分を信じて

心の声をたどっていけば

きっとたどり着いた先は

自分の望んだ世界

 

不安定  その意味

いつも私のブログをお読みいただきありがとうございます。

定期的にお読みくださっている方からの

励まし本当に嬉しく思います。

今はじめて私のブログを読んでくださっている方もありがとうございます。

 

 

 

 

 

私のブログを今まで読んでくださっている方はおわかりかと思いますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

私…結構不安定な人間です笑

 

 

 

 

 

というよりここ2年くらいかなぁ…

色々なことを感じて 考えて それゆえの不安定さなんです。

 

 

 

 

 

 

でも昔から気にしぃで、人から感じとる色々なものに敏感な人格で、そういったものに翻弄され、そんな自分に疲れ嫌気が差すことも多々ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからなのかな

 

 

 

 

 

 

敏感な私が

ある出会いから

なにか特別なものを感じ取ったのは

 

 

 

 

 

 

 

でもね

実は…

そろそろ手放そうかと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

その人との再会や

その先にある未来を期待したり

夢見たりしてしまう自分を…

 

 

 

 

 

 

 

 

今までも諦める以外無いじゃん。

と何度も思った。

 

 

 

 

 

 

でもね

どんな状況だろうと

惹かれる気持ちを抑えることができなかった

たった1年という短い期間で

私の生涯に絶対に残る

深い深い愛情を抱いた 

そんな人生で一番の恋だったから

頭でやめようと思っても

彼を好きじゃなくなるなんて

とてもできなった。

 

 

 

 

 

 

 特別ななにかを信じて

一人夢見ていた彼との未来が崩れ去り

生きた心地のしない日々をおくる私が   

ツインレイというものを知り

ツイン神話に自分を当てはめることで

救われていた自分がいて

いつもどこかで期待していて

物質的な関係はなくても

きっと心は繋がっている 

そう思うことで気持ちは楽になり 

ツインという懸念に

今まで心底救われてきました。

 

 

 

 

 

 

 

だから

そう思って

そう思い信じることで

ここまで歩んでこれた自分を愛しく思う。

えらかったね。って

よくここまで来たね。って

 

 

 

 

 

人生で一番の恋が叶わなかったあの日から

今までに見たことの無い

自分の闇を見た

出口なんてないんじゃないかと思えるほどの 

そんなどん底から

這い上がれたのは

ツインについて伝えてくれた人達との出会い

ツインを信じることができた自分がいたから

 

 

 

自分勝手だったもしれないが

 

 

大好きな人と過ごす未来の夢を見ていた

 

 

大好きな人と過ごすリアルな時間がかけがえのない時間だった

 

 

いつの間にか失っていた自分自身への希望

自分自身の輝き

誰かのためじゃなく自分だけに愛を想う時間

そんな時間を甦らせてくれた

本当に濃厚な期間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

かけがえのない時間は終わりを迎え

 

 

 

 

 

その存在を失った時から

とてつもなく大きな絶望感や、喪失感、虚無感の闇に墜ち

 

 

 

毎日泣いていた私

自分を惨めに思って泣いていた私

 

 

 

 

 

今は自分の事に夢中になれていて

自分で自分を満たすことができている

目の前の幸せにも気づけた

 

 

 

 

彼が目の前にいなくても

輝きを取り戻し続けていられる自分になれた

 

 

 

 だけど

いつもなにかを求めてしまう

もっともっとと

なにを求めているのか…

 

 

 

 

それはきっと彼からの愛だと思っていた

別れからの日から半年以上たつのに

恋仲だったわけでもない

声も聞けない相手なのに

 

 

 

今でも彼を想って 思い出して 彼の幸せを祈って 同じ空の下にいるんだって空を見上げている。

きっとこれからもそうやって空を見上げるだろう。彼を思い出し 彼の幸せを想うだろう

 

 

 

 

私にとって彼の存在は 

決して忘れたくない そんな存在。

だからこの気持ちはこれからも私の中にあるしあっていい気持ちだと想う。

 

 

 

 

 

ただそれだけでいい。

 

 

 

 

私はなにかを求めて

なにかを体験したくてこの地球に生まれてきた

 

 

 

 

 

 

その求めていたもの

体験したかったものは  

その愛を体験させるために彼との出会いがあった。

彼との出会いがあったから、

今まで見えていなかった 自分の目の前にある沢山の愛に気づくことができた。

彼はそんな素敵なギフトをくれた大切な人

私の人生にとってとても大きなギフト

だから もうそれでいい。

それでいいんだ。

私と彼との間に未来を求めて

やるせない 切ない想いを募らせるのは終わり

 

 

 

私たちの出会いはすばらしい出会いだった。

 

 

 

 

それだけでいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもなにかを求めているのは

不足しているからじゃなく  

今に満足してしまうことがないから

 

 より良い場所へ

より心地よい生き方へ

自分を向上していきたい想いがあるから 

 

 

 

 

 

そして私はこれからも

歩いては 立ち止まりなにかを求めて 

迷い   また歩き出す 

不安定な自分を繰り返していくだろう。

 

 

 

 

 

それでいい。

それでいいんだ。

 

 

 

 

 

人生という名のキャンパスに

どんな色があってもいい

色彩やかに描いていこう

迷い

今までの自分の人生に起きたことを

振り返ってみると

なんのために起きたことなのか

なんの意味があったのか

そして今の自分にどんな影響を与えているのか

 

 

 

そんなふうに自分の過去を見つめてみたことありますか??

 

 

 

 

 

私は最近よく振り返るんです

 

 

 

 

 

 

理由は今自分が求めているものってなんなのかな?って…

 

 

 

 

 

自分の人生を真剣に見つめるようになったのは、あの出会いから…。

 

 

 

 

 

考えていてもどうするべきなのかという答えはやっぱり、見つからないんですけどね…(笑)

きっとそれは選択肢はたくさんあって、何を選択するかなんてその時その時の自分次第だから…なのかなぁ…??

 

 

 

 

まだ見ぬ未来への答えを出すなんてやっぱり無理なんですよねー。

 

 

 

 

 

 

だからその時その時

自分が感じること

 

 

 

 

どう感じるか

 

 

 

 

それがその時その時に

重要なことなんだと思う

 

 

 

 

 

誰かと共に分かち合い

相手に励まされたり 勇気をもらったり

また自分も相手のためになれる時もあれば

 

 

 

 

 

たった一人で立ち向かい 心細くても先が見えなくてもただただ進んで

なんとなく心牽かれるものを握りしめ  

ただただ必死に己を信じて進む道もあるんだと

 

 

 

 

人生はそんなことの連続なのかもしれない。

 

 

 

 

例え迷っても

その迷いが

自分自身を向上させるためのものなら

迷う価値は存分にある

 

 

 

 

 

そう信じている

 

 

 

 

だから迷う事を怖がらずに

身を委ね

目の前にある幸せに目を向けよう

 

 

 

 

心が心地よい方へ

ご無沙汰しております

ご無沙汰しておりました

 

 

すっかり秋も深まり

色々なことから秋を感じますね

 

 

 

私この秋という季節

昔から1年のなかでも最も好きな季節です。

 

 

 

 

イベントごとの多い

ギラギラ眩しい元気な印象の夏が終わり

青々とした緑から

どこか沈黙を感じさせるような黄、茶、赤へと深みのある色に葉が染まり

 

朝からミンミン ジャンジャン鳴き続けたセミの声が 

次第に涼しげな秋を感じさせる

鈴虫やコオロギの鳴き声へと変わる

 

少し淋しげで沈かさを感じる

この秋が大好きです

 

 

どこか心にも落ち着きを感じるんです

 

 

皆さんはどんな秋を感じていますか?

 

 

 

 

人は自然のなかで

自然に寄り添い生きる時 心から安らぎを感じられるのでないでしょうか?

 

 

誰もが自然のなかにいるとリフレッシュされたという経験をお持ちだと思います。

それ木々たち

お花たち

そして偉大なる大地から沢山のエネルギーを

頂いているからなのです。

私たちは自然がなくては生きていけません。

太陽の光と木々たちが融合し酸素を作り出し

その酸素を吸うことで私たちは生きています。

 

それだけではなく

木々 花 大地 すべての自然からエネルギーを与えられています。

私たち人間もエネルギーの固まりです。

日常のなかで疲れなどを感じているとエネルギーもまた疲れきったエネルギーになってしまいます。

 

そんな時は自然から生命力溢れるエネルギーをたくさん頂きましょう。

私たちの元のピュアなエネルギーへと還してもらいましょう。

そしてエネルギーを与えてくれる自然たちに感謝をし、自然を大切にしようという心をもちましょう。

 

 

さぁ木々たち、大地のエネルギーが溢れる場所に出掛けましょう。

遠くの山にいかなくても

大きな公園でも充分です。

自然のエネルギーを感じ、自然に感謝してみましょう。

豊かさ

 

 

 

 

豊かさ

 

 

 

 

 

そう聞いて

あなたはどんな豊かさを思い浮かべますか?

 

 

 

 

 

 

物質的な豊かさ

目には見えないかもしれないけど

精神的な心の豊かさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金も欲しいけどさぁ  (笑)

 

 

 

 

 

心の豊かさも絶対必要

心が豊かなら 

自分の心にゆとりもあって

日々のなかに喜びを

自分で見つけ出すことができる

 

 

 

 

 

 

私はそんな人になりたい

そんな人でありたい

 

 

 

 

 

 

あなたはどの豊かさを求めますか?

 

 

勇気

 

 

 

 

 

 

本気で生きる一歩

踏み出すことが怖かった

 

 

 

 

時には答えを出すことが怖いこともあるよね

 

 

 

 

自分にとって大事だったり

自分にとってとても大きな事への答えならば

その答えを出すことの恐怖心も大きい

 

 

 

 

 

怖かったけど

ゼロになる覚悟で一歩踏み出してみた

 

 

 

 

例え答えが

自分が望むものでなかった結果がでたとしても

 

 

 

 

今は

少し前の自分みたいに

 

 

 

自分が行動したことを悔やんだりしない

 

 

 

むしろ

 

 

 

一歩踏み出せたんだ

自分を信じて前に出た勇気を

自分が褒め称えてあげたい

 

 

 

変わったね。って

 

 

 

 

 

答えがどうなるか

未来がどうなるかへの不安と恐怖に

いつまでも心囚われる自分じゃない

 

 

 

自分の心が望むもの

本当はわかっていたのに

色々と考えすぎてブレーキをかけてた

 

 

 

勇気を出して行動できたこと

それこそが

自分の心が望む理想へ踏み出したということ

 

 

 

 

大事なのは結果じゃない

 

 

 

自分が自分のために行動したということ

 

 

 

 

きっと誰もが迷い 答えを求め

日々懸命に生きている

 いくつもの選択肢のなか生きている

 

 

迷ったとき

 

 

もしいつも同じ問いに答えを出せずにいたら 

本気で生きるための行動をしているのか?

見つめ直してみると気づくのかもしれない

 

 

 

 

私は自分を信じてあげきれていなかった

昔からそうだった

自分に自信がなくて

周りの目や声が気になっていた

集合意識に囚われる自分から抜け出そう

 

 

 

自分の選択に自信をもち

 

 

 

どこまでも自分を信じて

一度きりの人生の舵を自分の手で握るんだ

本気

 

 

 

 

自分の人生本気で生きろ

 

 

 

 

 

 

 

 

背中を押してくれました

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今を見る

今を見て 

今ある現実を満たすことをしてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が求めているもの

何を求めているのか

そこに何があるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩踏み出すのが怖くて

傷つきたくなくて

 

 

 

 

 

 

わからないふりをしていた

 

 

 

 

 

本当はわかっていたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にはまだ本気になれる事

 

きっとたくさんある

 

 

 

 

 

 

怖くても

傷つきたくなくても

 

 

 

一歩前に踏み出すこと

 

 

 

 

それが   

本気で生きる

 

 

 

 

 

 

逃げてた

目を背けていた

自分に気づかせてくれてありがとう

 

 

 

 

 

 

 

もっともっと本気で生きる